データについてのお願いデータを作成する前に必ずご確認ください

アクリルグッズはコチラから
合皮グッズはコチラから

アクリルグッズの場合

テンプレートをダウンロード

取り扱い商品から作りたい商品を選びテンプレートファイルをダウンロードします。Adobe Illustrator形式もしくはPhotoshop形式ファイルのみ受付可能です。

※Adobe IllustratorはCS6までに対応しています。CCの方は、バージョンを下げてください。

入稿データについて

入稿時には表面デザイン、カットパス、白版データがそれぞれ必要となります。

「表面デザイン」「カットパス」「白版」は必ずレイヤーを分けて入稿データを作成してください。両面印刷をご利用の場合は、「裏面デザイン」レイヤーに配置してください。

カットパスや白版が、わからない方は、別途プラス300円で作成いたします。ご要望の方はお問い合わせ内容に、「カットパス希望」と記載ください。

「表面デザイン」レイヤーにデザインデータを配置

「表面デザイン」レイヤーにデザインを配置します。

両面印刷について

入稿時には表面デザイン、カットパス、白版データがそれぞれ必要となります。

両面印刷をご利用の場合は「裏面デザイン」レイヤーにデザインを配置してください。その際、裏面デザインは表面と重なるよう同じ向きで作成してください。 表面デザインと裏面デザインがぴったり重ならない場合、綺麗に仕上がりませんのでご注意ください。

裏面デザインについての注意点

裏面は印刷面となりますので、表面とは色の見え方が異なります。デザインによっては、表面のデザインが透けてしまう場合があります。

「カットパス」レイヤーにカットパスデータを配置

アクリルをカットするラインが「カットパス」です。カットパスは、ストラップホールも含めて作成してください。作成したカットパスはテンプレートの「カットパスレイヤー」に配置してください。
Photoshopをご使用の場合は、作業用パスにてカットパスデータを作成してください。

カットする際、±1mm程度の誤差が生じます。あらかじめご了承ください。

カットパスについての注意点

絵柄の輪郭より1mm以上離してください。

「効果」メニューの「スタイライズ」での角丸は、カットに反映されません。

ご使用の場合、「オブジェクト」メニューの「アピアランスを分割」で実線にしてください。

ストラップホール(ストラップを通す穴)について

ストラップホールは6mmの円に直径3mmの穴を開け、カットパスが穴に接するように作成してください。

「白版」レイヤーにデータを配置

「白版」レイヤーは、下地に白インクを印刷する場合にご利用ください。

白版は、必ず黒ベタ(ブラック:100%)で作成してください。

白版(白インク)ありとなしの違い

アクリルに印刷するため、色のインクだけでは透けた状態での仕上がりとなります。透けさせないためには、白インクで下地を印刷します。
白インクを下地に印刷した場合、絵柄が目立ちやすく、色鮮やかに表現されます。(左側の写真)
白インクなしで印刷した場合、透明感が増しクリアな仕上がりとなります。(右側の写真)

すべてのデータをレイヤー分けして入稿

それぞれのレイヤーに必要データが配置されているか、すべて向きが同じで表面デザイン、裏面デザイン、ホワイト版がぴったり重なる状態かを確認後ご入稿ください。

その他の注意点

文字はすべてアウトライン化してください

文字が含まれる場合は、必ずアウトラインをとってください。

■入稿前のチェックリスト

01 必ず当ページを全てご確認の上、データ制作・ご発注をお願いします。恐れ入りますが、ご入稿前に今一度ご自身でデータチェックして頂けますようご協力をお願いします。
02 対応している入稿形式はpsdファイル、AIファイルです。AIファイルの場合、CS6へのバージョンダウン、ご使用フォントのアウトライン化も確認ください。
03 入稿前に必ず解像度とキャンバスサイズを確認してからご入稿ください。
(アクリル商品は実寸に対して300dpiを推奨します)
04 弊社テンプレートをご使用ください。お使い頂けていない場合、仕上がりの保証は致しかねます。
05 イラストレイヤーは結合を忘れずに行ってください。枠線とイラストレイヤー、穴パーツを統合している場合、再入稿となります。
06 片面印刷の場合は、裏面のテンプレートは必要ありません。片面のテンプレートのみご入稿ください。
07 分ける必要があるレイヤーを統合して入稿された場合、データ不備となるため、データの再入稿をお願いする場合がございます。

■入稿に関して

データの入稿形式について

psd(推奨)・AI(CS6以下)・PNGデータ
※PNGデータの場合、白版・カットライン等をすべて弊社おまかせで作成します。お客様の装丁と異なった仕上がりになったとしても、返品交換対応を致しかねます。データ作成料としてひとつのデータにつき+300円頂きます。

RGB原稿でもご入稿頂けます。

ある程度の色再現が可能ですが、印刷時にCMYKへと変換するため、蛍光色や鮮やかな発色の再現には限界があります。 ご自身でCMYKに変換されるよりも機械で変換した方がやや綺麗に出る傾向がありますので、RGBで作成されたデータはそのままご入稿ください。

淡い色合いのデータの場合

極端に淡い色は、濃い色との差異が目立ちやすくなります。 アクリル商品はその素材の特性上、透明な板に色を印刷し、その後に不透明性のある白インクの印刷を重ねて色を可視化させているため光が若干通ります。CMYKの合計数値が10%~20%の薄い色のデザインの場合、お客様の意図しない仕上がりになる可能性があります。

他社テンプレートに関して

他社のテンプレートではご対応出来ません。かならず弊社のテンプレートをダウンロードして、ご利用頂けますようにお願いします。

手書き、アナログの原稿について

アナログ原稿(紙媒体での入稿)はお受けしておりません。デジタルデータでご入稿ください。

色味に関して

ディスプレイ画面と実際の印刷では、色合いが異なります。ブラウザ上での見た目やお客様のイメージと異なる仕上がりといった場合も、返品交換対応致しかねます。入稿データをそのまま印刷いたしますので、データの補正などはお客様で調整をお願いします。尚、紙などの別媒体へ印刷したものとは色味は若干異なります。 印刷媒体の違いによる色味の違いに関しましても、返品交換対応致しかねます。

アクリルについて

アクリル板は板のロットにより、3mmから±0.1mm程度の厚みに振れ幅があり、差があります。そのため、アクリル台座の穴に対し、きつかったりすんなり入ったりということが起こります。見た目ではほぼ判断はつきませんが、微弱ではありますが湿気・気温などでも変化しやすい素材です。
全く同じデータでご注文された場合でも、制作時の温度・湿度や印刷状況で、色の濃さなどが微妙に変化する場合がございます。

■製品の仕様及び注意事項について

再発注に関して

前回制作時と色味が違った場合も、返品交換対応致しかねます。弊社基準で著しく色味が異なると判断した場合のみご対応致します。カットラインお任せの再発注は、ご発注都度判断してデータを制作するため、前回と同じ仕上がりに再現ができる可能性が低いです。また、前回と違う仕上がりの場合も、返品交換対応は致しかねます。

OPP

個包装対応はいたしておりません。製品1つにつき1枚おつけいたします。

複数絵柄で発注の場合

1件のご発注の個数は、1つ絵柄につき1件の計算になります。A1個 B1個 C8個の場合でも10個以上のカウントには含まれません。予めご了承ください。

【例1】Aタイプ 1個500円+Bタイプ1個500円+Cタイプ8個500円×8=5,000円 合計5,500円+送料
【例2】Aタイプ 10個 400円=4,000円 合計4,000円+送料

データ制作料金も各データごとにかかります。予めご了承ください

送料について

ヤマト運輸:本州・九州・四国 800円 北海道・沖縄 1,000円になります。※直接搬入についてはお問い合わせください。