注意点

カードローンは、最初にまとまったお金を借りて完済に向けて毎月一定の金額を返済していく一般的なローンと違い、カードローンの審査に可決してもお金が口座に振込まれることはなく、カードローンのカードが届き次第、自分で利用金額を決めて借り入れをするようになるので、初めから多額の借金を抱えずに融資を受けられることができます。
カードローンはいつでも好きな時にお金を借りることができるため、借り入れに対する返済計画を立てるのが非常に難しくなります。
好きなときに好きなだけ借り入れたお金はあくまで金融機関から貸してもらっているお金であって、そのお金にはきっちり利子をつけて返済しないといけないという義務がありますが、借り入れは簡単にできる反面、返済はなかなか進まないため借り入れ金額が増え続ける場合があります。
このような利用をしていては、気がついたら利用枠いっぱいに借り入れをしてしまって返済できなくなったので、他の金融機関でカードを作って返済しようといったマイナスの循環に陥ることになり、このような状況になってしまった場合は完済することが難しくなっていまいます。
また、総量規制により年収3分の1を超えての借り入れができないので、総量規制の枠内を超えた者は借り入れ先がなくなるため、悪徳業者に手を出してしまい多重債務に陥ってしまう恐れがあります。
カードローンは少しずつ借金が増えていくシステムであるため、常に借り入れ状況と返済状況を把握して計画を立てて利用する必要があります