収入証明書が不要なカードローン

ここに掲載の記事はこちらのページに移転しました。

注意点

小口融資を中心に収入証明書が必要としない金融機関が増加傾向にあるため、申し込みをする者にとっては書類を用意する必要がなく、手続きにかかる負担が軽減されることになりますが、収入証明書を必要とする基となる理由は申し込み者が借り入れてお金をきっちり返すことができるのかということなので、収入証明書が不要になるということで返済能力を超えた借り入れをしてしまう可能性があるので注意が必要です。
また、きちんとした金融機関だけでなく収入証明書が必要ないと謳っている悪徳業者が多いのも現状で、悪徳業者は一見優良な消費者金融として見せた上でお金を借り入れようとしている者を利用して言葉巧みにお金の借り入れを進めて法外な金利や手数料を取るので、あまり知られていないような金融機関であれば事前にインターネットなどを利用して調べておく必要があります。
消費者金融では50万円以下の借り入れに関しては申し込み者に収入証明書の提出をさせる義務はないとされていますが、小額の貸し出しであっても収入証明書は審査の基準としては大きな目安になる書類の1つなので、収入証明書が必要なところは現在でも多くありますが、用意できるようなら取得して収入証明書は個人の年収や収入を表す指標でもあるため、考えているお金の借り入れをして本当に返済できるか見直してみるのも良いでしょう。
また、収入証明書が不要と書かれていても、収入証明書の代わりになるような書類の提出が必要になる場合もあるので、事前に申し込みに必要な書類を確認しておく必要があります。