借り入れ

申し込みから審査を経て、カードローンの審査に可決すると申し込んだ金融機関からカードローン用のカードが届くことになりますが、その後はこのカードを使用してお金の借り入れをすることになります。
このカードはキャッシュカードと性質が非常に似ており、金融機関によってはキャッシュカードと一体になっているところもあるように、現金自動預け払い機やキャッシングディスペンサーを利用してお金の借り入れが可能になっています。
借り入れ方法も、キャッシュカードを使った通常の預金の引き出しのように行うことが可能で、あらかじめ決められている利用可能限度額の範囲内であればいつでもお金の借り入れをすることができるようになります。
現金自動預け払い機の操作に関しても、キャッシュカードを使った預金の引き出しと非常に似ていることから、カードローンを利用してお金の借り入れを行うことが預金からお金を引き出していると錯覚してしまうこともあり、利用に関しては借金であるとしっかり認識した上で利用する必要があります。
また、1度ローンカードのカードを作ってしまえば、それ以降はお金を借りる時に手続きや書類の提出が不要になるため、お金の借り入れが簡単にできるようになりお金の借り入れに対しての抵抗がなくなるので注意が必要です。
借り入れたお金に関しては、借り入れたお金に対して金利がつき返済をする際に金利分を余分に返済しなくてはならなくなるので、手元の現金で事足りる場合は必要以上の借り入れは控えましょう。