信用情報機関

金融機関からお金を借り入れる場合は、ローンの種類に限らず審査の際に照会されるのが、信用情報機関から照会される個人情報ですが、この情報機関に蓄積されている情報は正確かつ大量にデータベース上に登録されています。
これは審査の際に金融機関側から照会される情報ですが、現在の金融機関からの借り入れ状況だけではなく過去の借り入れ状況も分かるので、申し込みの段階ですべて正確な情報を記載して置く必要があります。
申し込みに記載される内容も信用情報機関で照会されることになるので、虚偽の記入や記載内容に不備があるのは厳禁で、年収や職業なども過去の借り入れ状況などと同様に照会されることになり、これらの内容に違いがあった場合は悪意がなくても、収入が条件を満たしていても審査に否決される可能性があります。
また、ローンを1度に複数の金融機関で申し込みをすることも厳禁で、複数の申し込みがあるということも信用情報機関で照会されて審査に影響する可能性があるので注意が必要です。
そのため、カードローンの申し込みをして審査が否決されてしまったので他の金融機関に申し込みを考えている場合も期間を空けて申し込む必要がありますが、個人情報機関についても現在は日本に三つほどあり、すべての情報機関で個人情報は共有されているので、1度申し込んだ金融機関に介入している情報機関以外の情報機関が介入している金融機関で申し込みをしても照会される内容に違いはないので注意が必要です。