金利

金融機関からお金を借りると、借りたお金に対して利息が発生し、返済金額に利息分を上乗せして返済することになりますが、カードローンでも借り入れた金額に応じた利息が発生し、返済額に利息をつけて返済しなければなりません。
カードローンの金利の特徴として、金利が借り入れ金額に応じて変化することで100万円以下なら10数%で100万円以上なら数%になりますが、金融機関のパンフレットや広告には数百万円以上の借り入れを対象とした金利が大きく宣伝されている場合が多く、金利の低さで金融機関を選ぼうとする場合は一般的に利用される100万円以下の借り入れの場合、金利に注目して決めなければなりません。
また、金利が数%になる100万円を超えるような借り入れを予定している場合でも、利用限度額が増えれば増えるだけ細かく金利も変化するので、借り入れに必要な金額をあらかじめ算出した上で利用する金融機関を選出する必要があります。
返済は月ごとに行われるのが一般的で、毎月必ず返さなければならない金額も借り入れ金額に応じて変化しますが、この変化する金額と金利がうまく調和されているため、毎月一定の金額を返済していても元本は減るようになっています。
また、カードローンは用途が自由で利用に関しても利便性が高いのに加えて担保や保証人が必要ないことなどから各金融機関が提供するローンの中でも金利は高めに設定されているのが一般的で、金利が低いとされている銀行でも10数%を超える高い金利になっています。