返済

カードローンを利用してお金を借り入れたら返済義務が生じることになりますが、カードローンの場合、毎月一回は借入れているお金に対してあらかじめ決められている返済額にあたる金額をカードローンのカードを利用して返済することになっています。
カードローンのカードを利用したお金の借り入れが、キャッシュカードを使用した預金の引き出しと似ているように、返済は預金の預け入れのような感覚で行います。
この返済期日に遅れてしまった場合は、金利がさらに上がるといったペナルティを受けることになってしまうので返済期日までに返済することを忘れないようにしなければなりません。
ただし、金融機関によっては返済日が近づいたらメールで返済期日を教えてくれるようなサービスを提供しているところや、忘れてしまっていた場合でも普通預金の方から自動返済してくれる金融機関もあるので返済に不安がある場合は、金利が少し高くても、返済期日を忘れて返済してないよりは良いのでカードローンを利用するにあたってこのようなサービスを提供している金融機関を選びましょう。
また、カードローンの特徴として自由に好きな時に返済ができるというメリットがありますが、借入れているお金には金利がかかるので少しでも手持ちの現金がある場合は返済に回すようにしましょう。
返済が自由にできる反面、借り入れも自由にできるため、返済額が借り入れ額を上回っているようではいつになっても返済は進まないので事前にしっかりと返済計画を立てるようにしましょう。