総量規制

総量規制とは、お金の借り入れをする場合に年収の3分の1を超えて借り入れをすることができないという賃金法で定められている決まりで、平成18年から施行が始まり、これを守らなかった賃金業者は法律で罰せられることになっています。
総量規制ができた背景には多重債務者の増加の背景があり、近年お金の借り入れ方も以前に比べて多様化したので、キャッシングの利用者が増加する一方で、お金の借り入れにかかる負担が減ったことなどから必要以上にお金を借りてしまい、多重債務に陥る利用者も増加の一途を辿るようになりました。
この多重債務者を減少させるのが目的で誕生したのが総量規制で、総量規制が誕生したあとは多重債務者の減少傾向にありますが、お金を借りられなくなった者がヤミ金融でお金を借り入れて破産するといったケースも増加傾向にあり、一概に総量規制で問題が無くなったとはいえない状況になっています。
ただし、この総量規制が適用されるのはあくまで賃金業法の適用範囲内にある消費者金融であり、銀行法の範囲内にある銀行は賃金業法の対象外となるので総量規制の影響を受けないことになります。
この総量規制により、総量規制対象外となる銀行が提供するカードローンに注目が浴びることになり、利用する人も大幅に増えることになりました。
ただ、総量規制の対象外ではありますが、もともと銀行でカードローンを受けようとする場合は審査が厳しく設けられているのが普通なので、総量規制を超えての借り入れ自体難しいものがあります。