担保・保証人

ローンを組んでお金を借りようとする場合、担保をつけて保証人を立てる必要がありますが、カードローンの申し込みをする場合は職業や年収に関わらず担保や保証人を用意しなくても利用できるようになっているのがほとんどです。
そのため、カードローンの契約に関しては個人の収入のみで利用できるようになりますが
裏を返せばお金の借り入れに関してのすべての責任を自分で負わなければならないため、返済が不能になり遅延してしまうと返済義務は個人にすべてかかるとあらかじめ留意しておかなければなりません。
また、カードローンの利用をする場合は金融機関と申し込み者の間に信用保証機関という第三者の機関が介入することになりますが、この信用保証機関が担保や保証人としての責務を負ってくれるので、利用者は担保や保証人を用意しなくてもカードローンを利用することが可能になっています。
ただし、この信用保証機関は返済出来なくなったお金を代わりに銀行に返済してくれますが、その信用保証機関が返済したお金についてはそれで終わりではなく、新たに信用機関に対しての返済がはじまることになります。
担保や保証人を用意しなくていいというのは、これからお金の借り入れを考えている者にとっては非常にありがたいことですが、お金を借りることに関して担保や保証人不要がいらないと申し込み者にとって負担が軽減されることになりそれだけお金の借り入れをすることに対しての意識が薄れることになるので、注意が必要です。