銀行が提供するカードローン

カードローンを提供している金融機関に銀行がありますが、もともと銀行は融資に関して法人向けを主としてきたため、個人向けのカードローン事業に参入を始めたのも最近のことですが、銀行ならではの金利の低さや高い信頼度を誇る銀行でのカードローンは人気を集めています。
銀行のカードローンを利用するにあたって、金利の低さがメリットですが銀行は消費者金融と違い個人から預金もしているため銀行の信用度を保つという観点から審査が厳しく設定されているのが普通で審査が厳しいということは審査にかかる時間も長くなるということでカードローンそのもののメリットである速攻性にやや欠けてしまうというデメリットがあります。
だだし、メガバンクや大手銀行などは傘下やグループ内に消費者金融を抱えているところも少なくなく、このような銀行では消費者金融が長年培ってきたノウハウを利用してカードローンを提供することが可能になっているため、消費者金融並のスピード融資を実現しているところもあります。
他の金融機関が提供するカードローンと比べて敷居が高く感じる銀行の提供するカードローンですが、銀行カードローンに介入している保証会社が大手消費者金融である銀行も少なくないため、このような銀行では審査基準に関して消費者金融と大きく変わらない場合もあります。
また、総量規制がかからない銀行ならではのメリットもあり、金利の低さ・信用度と相まって年々利用者が増加傾向にあります。