消費者金融が提供するカードローン

現在カードローンを提供しているのは銀行や消費者金融会社などの金融機関ですが、カードローンのはじまりは消費者金融が1960年代に提供を始めたローンで、長い歴史を経て現在に至っています。
21世紀後期に入ってくると、消費者金融業界にコンピュータシステムが導入されるようになり、無人契約機など人目を気にすることなくカードの発行が可能になり現在のようなカードローンの仕組みに少しずつ様変わりしてきました。
このような長い歴史の間で培ってきたノウハウを持っているのが消費者金融の大きな特徴で、このノウハウにより実現しているのがスピード融資であり、申し込みから融資を受けられるまでの時間が他の金融機関に比べて圧倒的に早く、消費者金融によっては30分で一連の手続きを完了させることが可能になっており、即日融資を可能にしています。
長い間、消費者金融は怖いというイメージが一般的についていましたが、もともとこの負のイメージを与えた消費者金融はごく一部であり、このような負のイメージを払拭させるために大手の消費者金融がイメージ回復に長年努めてきたため現在では消費者金融を利用することに利用者も以前に比べて抵抗がなくなってきています。
消費者金融でカードローンを利用すると金利が高くなるというイメージが強かったのですが、現在では消費者金融でも銀行並の低金利でカードローンを利用できるところもあり、銀行とのカードローンのサービス内容と差はなくなりつつあります。