カードローンの知識記事一覧

カードローンは消費者金融や銀行などの金融機関が提供するローンの一種で、各金融機関が提供するローンの中でも審査にかかる時間が短く、申し込みから審査を経てお金の借り入れをするまで早いところでは即日で可能になっているところもあり、即日融資を実現しているローンです。カードローンは住宅ローンやマイカーローン、学資ローンのようにあらかじめ使用用途が定められていないのが特徴で、銀行がもともと提供していないが高額...

現在カードローンを提供しているのは銀行や消費者金融会社などの金融機関ですが、カードローンのはじまりは消費者金融が1960年代に提供を始めたローンで、長い歴史を経て現在に至っています。21世紀後期に入ってくると、消費者金融業界にコンピュータシステムが導入されるようになり、無人契約機など人目を気にすることなくカードの発行が可能になり現在のようなカードローンの仕組みに少しずつ様変わりしてきました。このよ...

カードローンを提供している金融機関に銀行がありますが、もともと銀行は融資に関して法人向けを主としてきたため、個人向けのカードローン事業に参入を始めたのも最近のことですが、銀行ならではの金利の低さや高い信頼度を誇る銀行でのカードローンは人気を集めています。銀行のカードローンを利用するにあたって、金利の低さがメリットですが銀行は消費者金融と違い個人から預金もしているため銀行の信用度を保つという観点から...

消費者金融や銀行が提供しているカードローンですが、比較的利用にあたってのシステムが簡単なので誰でも使いやすいといったことから、いずれの金融機関も特に力を入れているローンの1つです。通常のローンと明らかに異なるのは、使用目的があらかじめ決められていなくても利用できるという点で、使用目的が自由になっているところですが、通常のローンを利用する場合はあらかじめ決められた使用目的に沿った借り入れを行い、使用...

ローンを組んでお金を借りようとする場合、担保をつけて保証人を立てる必要がありますが、カードローンの申し込みをする場合は職業や年収に関わらず担保や保証人を用意しなくても利用できるようになっているのがほとんどです。そのため、カードローンの契約に関しては個人の収入のみで利用できるようになりますが裏を返せばお金の借り入れに関してのすべての責任を自分で負わなければならないため、返済が不能になり遅延してしまう...

総量規制とは、お金の借り入れをする場合に年収の3分の1を超えて借り入れをすることができないという賃金法で定められている決まりで、平成18年から施行が始まり、これを守らなかった賃金業者は法律で罰せられることになっています。総量規制ができた背景には多重債務者の増加の背景があり、近年お金の借り入れ方も以前に比べて多様化したので、キャッシングの利用者が増加する一方で、お金の借り入れにかかる負担が減ったこと...